EGAON777でのクレジットカードによる入金方法

EGAON777カジノでの入金方法! この記事では、EGAON777カジノの4つの引き出し方法、SticPay、TigerPay、iWallet、およびクレジットカードを紹介します。 EGAON777カジノの入金方法には、クレジットカード、銀行振込、電子決済サービスの3種類があります。 EGAON777カジノでの入金方法の詳細 1.ログイン後、PC画⾯では右上に⼊⾦ボタンが表⽰されます。 SMARTPHONE 2.⼊⾦画⾯より i-Wallet / TIGERPAY / STICPAY いずれかを選択(⽩枠で囲まれたものが選択中です) ご希望の⼊⾦額(円)を⼊⼒ キャンペーンボーナスもご希望の場合は選択 「登録」 ボタン 3.その後、選択された電⼦決済サービスの i-Wallet / TIGER PAY / STICPAY のサイトへ⾃動転送されます。 そこから電⼦決済サービスの登録へ進んでください。 ※すでにアカウントをお持ちの⽅はログイン後送⾦確認となります。 電⼦決済サービスについて 1.クレジットカード(VISA/MasterCard/ JCB) 面倒な手続きなしで即入金! 入金する最も簡単で迅速な方法 STICPAY より速く送金と受け取りができる国際的なデジタルウォレット。 TIGER PAY クレジットカードの預金、国内銀行、仮想通貨の預金と引き出しをサポートする Eウオレットです。  …最も安全なグローバル Eウォレット… IWALLET 銀行の預金者が、預金、引き出し等、自分の口座のすべての取引の記録を見ることが出来ます。 ①クレジットカード/ | 面倒な手続きなしで即入金! 入金する最も簡単な方法 EGAON777カジノは、さまざまなクレジットカードで入金できます。 カード情報を入力するとすぐにお支払いが完了しますので、使い勝手も抜群です。 互換性のあるブランドは「VISA、MasterCard、JCB」です。 ・EGAON777カジノで入金できるクレジットカード! 支払いメカニズムの説明 ・EGAON777カジノはデビットカードで入金できます! 最大入金額と入金のしやすさはブランドごとに異なりますのでご注意ください。 ここから、各ブランドの特徴をご紹介します。 VISA | 簡単で安心! クレジットカードの中で登録者が最も多い便利なスタンダードブランド *最大入金額は、アカウント認証が完了した後の金額です。 *各金額はEGAON777カジノの公式サポートによって決められています。 […]

SticPay でEGAON777カジノにデポジットする方法

CLICK HERE > https://www.sticpay.com/ STICPAYは、場所の境界のないグローバルなEウォレットサービスです。 送金者/受取人の場所に関係なく、STICPAYアカウントを介して1分以内に送金/受け取りができます。 STICPAYを使用すると、最小限の手数料で、海外の友人や家族への国際送金をより迅速かつ簡単に行うことができます。 EASY STIC PROCESS EXAMPLE STICPAYローカルを使用する利点 –現地の銀行振込でない限り、送金には、国際送金として引き出し銀行によって分類された2〜3日かかります。 – STICPAYは、国内の銀行を使用して地元の支払いを開拓しました。 国内引出しサービスは現在、世界7か国以上でご利用いただけます。 ただし、需要に対応するためにさらに多くのマーケットに積極的に拡大しています。 以下にリストされている国は、今日、STICPAY国内引出しサービスを使用できる場所です。 Local Money Out Countries List STICPAY Merchants Sticpayは、さまざまな業界(オンラインショップ、オンラインゲーム会社、FX証拠金取引ブローカーなど)の多くのマーチャントアカウントと提携しました。 Sticpay e-walletを使用すると、オンラインですぐに購入したり、リアルタイムで払い戻しを行うことができます。 これは、多国籍の顧客ベースを持つ加盟店にとって理想的な支払いソリューションです。 私たちの迅速で便利な取引により、多くの忠実なクライアントは、1分未満で入出金を処理するという私たちのコミットメントに満足しました。 Sticpayは、さまざまな業界(オンラインショップ、オンラインゲーム会社、FX取引ブローカーなど)の多くのマーチャントアカウントと提携しました。 Sticpay e-walletを使用すると、オンラインですぐに購入したり、リアルタイムで払い戻しを行うことができます。 これは、多国籍の顧客ベースを持つ加盟店にとって理想的な支払いソリューションです。 私たちの迅速で便利な取引により、多くの忠実なクライアントは、1分未満で入出金を処理するという私たちのコミットメントに満足しました。 販売者が顧客によって決済された資金を引き出す方法 販売者はオンラインのサービスにSTICPAY E-WALLETを使用して、世界中の顧客のリアルタイム取引を確認できます。 顧客が設定した資金を引き出すために、加盟店は国内銀行振込または国際銀行振込を使用できます。 FEES    

TigerPayでEGAON777カジノにデポジットする方法

CLICK HERE > https://tiger-pay.com/en/ タイガーペイとは何ですか? TIGER PAYは、法定通貨と暗号通貨の両方を管理できるEウォレットサービスであり、高速でスムーズな国際送金サービスを提供できる信頼性の高い支払いソリューションを探している個人や企業に最適です。 サポートされている通貨: TigerPayの特徴 TIGER PAYを使用すると、クレジットカード、国内銀行、仮想通貨など、さまざまな方法で預金や引き出しを行うことができます。 さらに、暗号通貨を含む通貨交換は無料です。 Tiger Pay 入出金方法 アカウントをアップグレード アカウントをアップグレードすることで、より多くの通貨とより多くの金額を取引できるようになります。 TIGERPAY独自のサービスの1つであるプリペイドデビットカードを申請することもできます。 ※アップグレードにはKYC / KYBが必要です 口座の種類 プリペイドデビットカード Tigerpayは、Tigerpayアカウントから請求できるプリペイドデビットカードを提供しています。 プリペイドカードは、必要なときに必要な金額を請求することでご利用いただけます。 プリペイドカードは米ドル/円で請求できます。 (プリペイドカードを使用するには、別の手順を実行する必要があることに注意してください。) プリペイドカードによるお支払い Tigerpayプリペイドデビットカードが郵送されます。 このカードは、オンラインとオフラインの両方の支払いに使用できます。 このカードはATMの引き出しにも使用できます。 ビジネス向け このウォレットタイプは、個人事業主および法人のお客様にご利用いただけます。 パーソナルウォレットを開いた後、以下の機能を使用するためにビジネスアカウントを申請することができます。 個人口座とは異なり、ビジネス口座には無制限のウォレット機能があり、大規模な決済を処理できます。 ビジネスアカウントにはビジネス(マーチャント)料金がかかることに注意してください。 このサービスの利用に興味のある方は、以下のアドレスにメールを送ってください。 お問い合わせ:business@tiger-pay.com TIGER PAY CRYPTOCURRENCY DEPOSIT(デポジット方法) I. TIGER PAYにログインした後、ページの左上隅にあるメニューアイコン[≡]をクリックし、[デポジット]を選択します。 II。 [Cryptocurrency Deposit]を選択し、[MoneyIn]をクリックします。 III。 ドロップダウンリストから、預け入れたい暗号通貨の種類を選択し、[次へ]をクリックします。 IV。 [コピー]をクリックして、デポジットアドレスをクリップボードにコピーします。   V.コピーしたアドレスを[受信ビットコインアドレス]セクションに貼り付け、TigerPayアカウントに送信するビットコインの量を入力します。 二要素認証コードを入力して送信ビットコイン取引を確認し、[ウォレットから送信]をクリックします。 […]

iWallet でEGAON777カジノにデポジットする方法

CLICK HERE > https://www.iwl.hk/ IWallet-オンラインマイクロペイメントのための包括的なトランザクションサービスシステムです。 当社のサービスは、香港と米国を除くほとんどの国でご利用いただけます。 現在、IWalletは、マイクロトランザクション業界が台頭しているアジア諸国への拡大に焦点を当てています。 また、ヨーロッパ、フィリピン、香港にサポートデスクがあり、創業当初は20人のフルタイムのスタッフチームで始まり、継続的に成長しています。 iWalletについて 概念 私たちは、お客様がいつでもどこでも安全に取引を管理できる便利さを備えているべきだと信じています。 安全性 取引は、信頼性が高く安全な方法で処理する必要があります。 スピード トランザクションは、非常に効率的な方法で処理する必要があります。 価値 取引手数料は、ユーザーが取引の金銭的価値を享受できるようにするために合理的に公正である必要があります。 透明性 取引の詳細は、いつでもユーザーに表示される必要があります。 快適 私たちのプラットフォームは、さまざまなデバイスを使用して便利にアクセスする必要があります。 ビジナスモデル iWalletは、ヨーロッパ、フィリピン、香港にサポートデスクを設立し、創業当初は20人のフルタイムのスタッフチームで始まりました。私たちのビジネスは、小さなトランザクションを処理するオンラインマイクロペイメントにリンクできる包括的なトランザクションサービスシステムと呼ぶことができます。当社のマーケティング範囲は、日本、中国(香港を除く)、マレーシア、ヨーロッパなどをカバーしており、マイクロトランザクションの相対的な必要性が予想されるアジア諸国への拡大に焦点を当てています。 iWalletは、オンラインプラットフォーム「iWallet」を使用して事業を運営し、合理的で競争力のある手数料でプラットフォームを探している個人や企業に、安全、透明、迅速、便利なオンライン取引サービスを提供して貢献しています。私たちのクライアントは、トランザクションを管理および操作できる独自のiWalletアカウントを持っています。ライセンス国のすべての要件と規則を順守することは、事業の運営と全プロセスにおいて非常に考慮されています。当社のコンプライアンスチームは、ビジネス行動の監督に関する専門知識を持ち、関連する政府機関と直接連絡を取り合う、資格のある弁護士と経験豊富なコンサルタントで構成されています。 手数料無料 手数料なしであなたの個人口座に迅速な預金をしてください! アカウントを開設して維持するための無料の便利なeコマースサービスプロバイダーとしてiWalletを最大化します。 他のサービスには競争力のある料金を提供します。 便利なカード アカウントを開設して、インターナショナルブランドプリペードカードに送金してください! 口座開設後にお申し込みいただけるインターナショナルブランドプリペイドカードをご利用いただくことで、いつでもどこでも出金・お買い物が可能! 競争力のある料金 ビジネスシーンでも大活躍! 少ない手数料でより良い支払いツール。 クレジットカードのような他の決済ツールと比較して、iWalletはあなたが最小のコストで私たちのサービスを楽しむことを可能にします。 IWalletは、トランザクションを実行するための安全で安全な環境を提供することを保証します。 iWallet –ユーザーが一括で取引を行うことができるため、手数料を支払う際の時間とコストを節約できます。 受取人は、iWalletで購入したプリペイドカードに即座にお金をロードし、ATMを介して簡単に引き出して、アカウントの使いやすさを最大化できます。 12通貨(USD / EUR / GBP /(JPY)/ SGD / HKD / CNY / IDR / PHP / […]

カードカウンティングとは?オンカジのブラックジャックでも使用可能?

ブラックジャックの必勝法?カードカウンティングとは ブラックジャックに『最強すぎてカジノも恐る攻略法』と言われてきた攻略法があるのをご存知ですか?カジノ経験者なら一度は聞いた事があるであろう攻略法。それが「カードカウンティング」です。 カウンティングとは「場に既にでたカードを記憶し、デッキにあるカードを予測する攻略法」で、難易度は高いですが実行できればブラックジャックにおいて一番効果のある攻略法と言っても過言ではありません。 プレイヤーにとっては魅力的な話ですが、近年ではカウンティング対策が行われカウンティングを禁止しているカジノが多いのも事実です。特にアジアのカジノでは使えないことがほとんどです。この記事を読んでる方の中にもカウンテイング?できる訳ないじゃんと思っている方も多いかもしれません。 しかし、ヨーロッパや南米などのカジノではまだ使えるカジノも実はあったりします。ですので実行できる場所を探し当てるまでがカードカウンテイングと考えるのがいいかもしれません。 カードカウンティングのやり方 ブラックジャックは次にどんなカードを引くかが勝敗を分けるゲーム。ですので、これからでるカードを予測できると明らかに有利ですね。ではどうやってカードを見ないで予想するのでしょう? 方法は1つあります。それは今まででたカードを記憶すること。トランプはご存知の通り決まったカードで構成されているので、”今まで出たカードを記憶している=まだ出てないカードが分かる“という事になります。 もちろん、実際にカードを全て記憶するのなんて不可能に近いです。そこで登場するのがカウンティングです。 カードカウンティングではそれぞれのカードにポイントを割り当てカードを簡単に記憶し、デッキに残っているカードが自分にとって有利か不利か予想します。ポイントの割り当ては以下の通り: 10とA:自分にとって有利なカード→既に出てしまったので -1点。 2 〜 6:自分にとって不利なカード→既に出てくれたので +1点 (同じ不利なカードが再度回ってこないから)。 例えば残りのデッキが10以上のカードばかりで構成されている場合、ディーラーはカードを引いた際にバーストする可能性が高いです。つまり10〜Aはプレイヤーにとって嬉しいカード、嬉しいカードが既に場にでてしまっているので−1点とカウントするわけです。 逆に言うと、2〜6のカードの方が多く残っている場合、ディーラーはカードを引いた際にバーストする可能性が低いので、プレイヤー側にとっては不利になります。不利になりやすいカードが既に場に出ている=デッキにはその分不利になりやすいカードが少ない。よって2〜6のカードは+1としてカウントします。 ちなみに7〜9のカードは中間ですので0=カウントしません。 ランニングカウントとトゥルーカウント カウンティングにはランニングカウントとトゥルーカウントの2種類があり、上記で説明した場に既にでたカードを数えるのがランニングカウントです。 そして、トゥルーカウントはランニングカウントをおよその残りのデッキ数で割った値になります。 例えば現在のランニングカウントが+10で、残りのデッキ数が2だったとします。そしたら、10÷2でトゥルーカウントは5となります。トゥルーカウントが+3くらいから積極的に賭けていきましょう! ちなみに、ブラックジャックをする際には通常6〜8デッキが使用されます。正確な残りのデッキ数は分かりっこないので、だいたいのデッキ数を見て分かるように練習しましょう。 カードカウンティングを練習する5つの方法 カードカウンティングが有効な攻略法と理解できたところで、誰でも簡単に使える手法ではありません。使用したカードを正確に記録しつつ、勝率を計算しなければいけないカードカウンティングは、慣れるまでに時間がかかります。 そのため、実践でカードカウンティングを活かす前に練習が必要です。カードカウンティングの練習方法として、以下5つのおすすめ練習法を見ていきましょう。 1.トレーニングプログラムを使用する 映画「ラスベガスをぶっつぶせ (原題:21)」を見たことがあるのであれば、生徒たちがお互いにフラッシュカードを見せ合っているシーンを思い出すことでしょう。この練習方法のポイントは、すばやくそれぞれのカードのポイントバリューを判断できるようになるということです。 以下はカードカウンティングの中でもハイローシステムを使用した際のポイントバリューです。 ハイカード(10~A)= -1 ニュートラル(7~9)= 0 ローカード (2~6) = +1 この方法のポイントは、デッキにローカードよりもハイカードが残っているタイミングを見極めるということです。ハイカードの方が多く残っているのであれば、以下の状況となります。 ナチュラルブラックジャックになる可能性が高くなる ディーラーは17以上になるまでカードを引かなければいけないため、バーストする可能性が高くなる つまり、デッキの中にエースや10とカウントされるカードが多く残っている場合は、プレイヤーにとって有利な状況となるので、ベット額を上げるのがいいでしょう。 カードカウンティングはこのように内容を聞いただけだと簡単に感じますが、実際にゲームで利用すると難しく感じるはずです。そのため、ディーラーや他の雑音に惑わされずに、カードカウンティングに集中する必要があります。 そのように訓練するには、オンラインブラックジャックトレーナーを利用するのが効果的です。これらのプログラムではカードバリューを表示してくれるため、それぞれカウントする練習をすることができます。 ブラックジャックトレーナーはオンラインで無料のものを簡単に見つけられるので参考にしてみてください。 2.自分でカードを配る フラッシュカードやブラックジャックトレーニングプログラムを使用する以外に、自分でカードを配りつつ、カウンティングの練習をすることもできます。この練習に必要なものは、カードとそれらのカードを並べるテーブルだけです。 オンラインでブラックジャックトレーナーなどを使用できるのであれば、自分でカードを配る方法は不便に思えるかもしれません。しかし、自分でカードを配った方が、より実際にゲームに近い感覚で練習できるというメリットがあります。 また、自分自身がディーラーになるということは、簡単かつストレスフリーです。そして、自分のペースで練習することができるため、初心者であればゆっくりと練習することもできます。そして、自信がついてきたら、少しずつスピードを速めていくようにしましょう。 3.友達と交代でカードを配る 自分でカードを配る場合、1人で2役をこなさなければいけないため、誰かの手伝いが必要になることもあります。友達にカードを配ってもらったり、実際にテーブルに他のプレイヤーがいることを想定して、複数の場所にカードを配置してもらうのもいいでしょう。 また、友達がカードカウンティングに興味がある場合、役割を交代してもいいでしょう。その場合は、あなたがディーラーの役割を担いましょう。この時、友達とどちらのほうがうまくカードカウンティングをできるか競うのも面白いでしょう。 そして、自分でカードを配るときと同じように、少しずつスピードを速めていくようにしましょう。目標はプロのディーラーとほぼ同じスピードでカードを配ったときでも、正確にカードカウンティングをできるようにすることです。 […]

ウィナーズ投資法とは? | 利点欠点・やり方等を徹底解説

この記事では数列を利用したシステムベッティング「ウィナーズ投資法」について徹底解説。ウィナーズ投資法の利点や欠点は勿論の事、やり方や損切りポイントもシミュレーションと付きで説明していきます。 ウィナーズ投資法とは? カジノゲームでよく使用されるシステムベッティングの1つにウィナーズ投資法というものがあります。ウィナーズ投資法はモンテカルロ法によく似たシステムベッティングで、数列を使用するのが特徴です。そんなウィナーズ投資法は、確実に利益を出すことができるため、オークションで戦略内容が売買されたこともあるほど人気があります。 ウィナーズ投資法の利点 ウィナーズ投資法には「賭け金の増え方が緩やか」「テーブルリミットを気にする必要なし」「利益の出る確率が高い」等の利点があります。 利点1:賭け金の増え方が緩やか ウィナーズ投資法では、数列の左端の数字の2倍の金額を賭け金とするため、緩やかに賭け金が上昇していくのが特徴です。例えば、ウィナーズ投資法で最初の賭け金を1ドルとすると、10連敗してしまった場合でも賭け金は常に2ドルと一定となり、損失額が膨らむ心配もありません。 そのため、少ない資金であっても取り組みやすいシステムベッティングだといえます。リスクを取らずにゲームをプレイしたいという初心者にもおすすめです。 利点2:テーブルリミットを気にしなくてもいい テーブルゲームでは、1ゲームに賭けることができる最高金額が設定されています。これはテーブルリミットと呼ばれます。マーチンゲール法のように賭け金が急激に増加していくシステムベッティングでは、このテーブルリミットに達してしまい、ゲームを継続できなくなってしまうことがあります。そうすると、損切りをしなければならず、損失が確定してしまいます。 しかし、ウィナーズ投資法では賭け金が極端に大きくなることがないので、テーブルリミットを気にせずにゲームをプレイできます。そのため、強制的に損切りをさせられる心配がありません。 利点3:利益がでる確率が高い ウィナーズ投資法は勝ち負けの結果が五分五分の時に利益が出るシステムベッティングです。そのため、勝率が50%の2倍配当のゲームをプレイした場合、ほとんどの場合で利益を出すことができます。 また、ウィナーズ投資法には、連敗後の連勝に強いという特徴があり、その場合は勝ち負けのバランスが悪くても利益を出せます。例えば5連敗して損失が出ていても、その後3連勝すれば損失分を取り戻すことが可能です。 そのため、数学的に考えると、ウィナーズ投資法ではかなり高い確率で利益を獲得できます。 ウィナーズ投資法の欠点 ウィナーズ投資法には「高い利益を狙えない」「連敗すると長期戦になる」「勝ち負けが交互になるとベット額が大きくなる」「紙とペンが必要」等の欠点があります。 欠点1:高い利益を狙うことができない ウィナーズ投資法は賭け金が緩やかに上昇します。これはローリスクというメリットですが、同時に払い戻し金が少ないということも意味します。つまり、ウィナーズ投資法では長くゲームを続けたとしても、最終的に得られる利益が少ないのです。 ウィナーズ投資法は長期戦になることがほとんどですが、費やした時間に対して得られる利益が少ないといえます。そのため、短時間で大金を稼ぎたいという方には向かないでしょう。 欠点2:連敗すると長期戦になる ウィナーズ投資法では負けが続くと、数列の数がどんどんと増えていきます。そのため、勝ってそれらの数列を0にするまでに時間がかかってしまいます。 最初に負けが続いてしまった場合ゲームが長期化してしまい、最終的に数列が0にならないこともありえます。その場合、損切りをしなければいけなくなります。 欠点3:勝ちと負けが交互になるとベット額が大きくなる ウィナーズ投資法は2倍配当のゲームで利用するため、勝率は50%です。つまり、勝ち負けが交互に続く可能性があります。 この場合、数列の左端の数字を1つずつ削除していくため、負けの数が多くなればなるほど賭け金が大きくなってしまいます。 勝ちと負けが交互に続く場合、セッションがなかなか終わらずに、賭け金ばかりが大きくなるというのがウィナーズ投資法の欠点として挙げられます。 欠点4:紙とペンが必要 ウィナーズ投資法は数列が増えたり、減ったりを繰り返すので、必ず紙とペンが必要となります。頭の中で計算して簡単に活用できないので、面倒に感じることもあるでしょう。 ウィナーズ投資法のやり方 ウィナーズ投資法ではモンテカルロ法と同じように数列を使用します。そのため、紙とペンを用意しましょう。 まず、ウィナーズ投資法を始める前には任意の賭け金を設定します。この金額は資金に合わせて好きな金額を選びましょう。ここではわかりやすいように1ドルを最初の賭け金として設定します。 ウィナーズ投資法は他のシステムベッティングのようにいつでも好きなタイミングで始めるのではなく、ゲームで2連敗した時に開始します。ゲームで勝利した場合は、最初の賭け金を変更することなくゲームを継続させます。そして、2連敗したタイミングでウィナーズ投資法を利用します。 ウィナーズ投資法では、ゲームに負けた時にそのゲームの賭け金を数列の右側に追加していきます。そのため、2連敗した時の数列は(1,1)となります。これがウィナーズ投資法開始時の数列となります。そして、数列の左端の数字を2倍にした金額を賭け金と設定します。この場合、2連敗した後の3ゲーム目では、1×2=2ドルを賭け金とします。 ゲームに勝った際は、数列の左側の数字を1つずつ削除していきます。ウィナーズ投資法では連勝し、すべての数列の数字がなくなった時が勝ちポイントとなり利益が出ます。1セッションが終了した後は、再度最初の賭け金から同じようにゲームをスタートしましょう。 どんなゲームに使える? ウィナーズ投資法は、2倍配当のゲームでのみ利用することができます。カジノゲームの中で2倍配当のゲームには、バカラ、シックボーの大小、ブラックジャック、クラップス、ルーレット(赤・黒、奇数・偶数)が挙げられます。 3倍配当のゲームや、ビデオスロットやポーカーなどの勝率が異なるゲームではウィナーズ投資法を利用できません。 ウィナーズ投資法のやり方まとめ 最初の賭け金は好きな金額を設定 2連敗した時がウィナーズ投資法の開始タイミング 賭け金は、数列の左端の数字を2倍にした金額 ゲームに負けた場合は、賭け金を数列の右端に追加 ゲームに勝った場合は、数列の左端の数字を1つ削除 数列の数字が無くなった時が勝ちポイントで、1セッションが終了 ウィナーズ投資法 シミュレーション ここではルーレットでウィナーズ投資法を使用した際の例を紹介します。 1ゲーム目: まずゲームを始める前に、最初の賭け金を設定します。ここではわかりやすいように、最初の賭け金として1ドルとしましょう。ウィナーズ投資法を始めるには、まずは2連敗する必要があります。そのため、この1ゲームでは負けたとしましょう。すると、賭け金1ドルは没収され、損益は-1ドルとなります。 賭け金の1ドルを数列に追加するので、1ゲーム目終了時の数列は(1)となります。  2ゲーム目:数列(1) ウィナーズ投資法では、2連敗するまで最初に設定した金額を賭け続けます。そのため、2ゲーム目の賭け金も1ドルとなります。そして、この2ゲーム目でも負けたとしましょう。ウィナーズ投資法で負けた場合は、賭け金を数列の右側に追加します。 2ゲーム目終了時の数列は(1、1)、累計損益は-2ドルとなります。 3ゲーム目:数列(1、1) […]

パーレー法とは? | 利点欠点・やり方等を徹底解説

パーレー法とはオンラインカジノやスポーツベッティングで使用できるシステムベッティングで、効率よく賞金を稼ぎたいときに最適です。パーレー法はとてもシンプルなため初心者に人気ですがプロのギャンブラーからも人気を集めています。この記事ではパーレー法の具体的なやり方や利点、欠点について紹介します。 パーレー法のやり方 パーレー法のやり方はとても簡単で、ゲームに勝った時に賭け金を2倍にするだけです。マーチンゲール法では、負けた時に賭け金を2倍していきます。このようにパーレー法は単純にマーチンゲール法を逆にしただけなので、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。 そして、パーレー法はマーチンゲール法と同じように2倍配当のゲームで効果があります。2倍配当のゲームには、ブラックジャックやルーレットの赤・黒、奇数・偶数、ハイ・ローなどがあります。パーレー法を2倍配当のゲーム以外で使用した場合、うまく利益が膨らまないなど、うまく機能しなくなってしまいます。 パーレー法をする際には、まずは最初の賭け金を決定します。賭け金を1ドルとして、最初のゲームで勝利したとします。その場合、次のゲームの賭け金は1ドルを2倍にした2ドルとなります。さらに2ゲーム目でも負けてしまった倍は、3ゲーム目で4ドルを賭けます。パーレー法ではこれを繰り返していきます。 そして、ゲームに負けてしまったら、賭け金を最初の金額に戻します。この時、パーレー法では常に最初の賭け金が損失として確定します。つまり、勝ち続けている限りは利益は増え続けますが、一度負けてしまうと損益が出てしまうのです。 そのため、パーレー法を使う際にはどのタイミングでパーレー法をやめて利益を確定させるかが非常に重要です。何連勝したら最初の賭け金に戻す、いくら稼いだらゲームをやめる、など最初に自分なりのルールを決定しておくといいでしょう。一般的にプロのギャンブラーは3勝したら最初の賭け金に戻すというサイクルでパーレー法を使用しています。 パーレー法の利点 まずはパーレー法の利点からご紹介します。パーレー法には「初心者でもすぐ試せる」「短時間で稼げる」「リスクが少ない」以上3つの利点があります。 利点1:初心者でもすぐに試せる パーレー法はゲームで勝利したら賭け金を2倍にする、というシンプルなルール1つのみです。そのため、オンラインカジノを始めたばかりの初心者でもすぐに利用できます。 システムベッティングの中にはモンテカルロ法やフィボナッチ数列法など、紙とペンが必要になるような複雑なものもあります。それに対してパーレー法は頭の中で計算して賭けができるシンプルさが魅力です。 利点2:短時間で稼ぐことができる パーレー法は勝利した時に賭け金を2倍にしていくので、どんどん賭け金が大きくなります。同時にこれは、配当が大きくなること意味します。 そのため、数回勝利しただけで大金を稼ぐことが可能です。特に最初の賭け金を大きくすれば、すぐに数百ドルを稼ぐことができます。 パーレー法はシステムベッティングの中でも攻めのスタイルと知られており、短時間で効率よく稼ぐことができます。大金を狙うのであれば、ハイローラー向けのテーブルを選んで大きめの賭け金で勝負に出るのもいいでしょう。 利点3:リスクが少ない パーレー法で負けてしまった場合、最初の賭け金が損失として確定してしまいます。しかし、その場合の損失は次のゲームで1勝するだけで取り戻せます。 パーレー法では負けたとしても、そこで失う金額のほとんどはそれまでの勝利で稼いだ金額で補われます。つまり、資金に大きな影響はないのです。パーレー法は攻めのシステムベッティングでありながリスクが少ないのが利点として挙げられます。 パーレー法の欠点 続いてはパーレー法の欠点。パーレー法にはご紹介した魅力的な利点がある反面「一回の負けで利益が全てなくなる」「勝ち負けを繰り返すと損失が増える」欠点があります。パーレー法を利用する際はこれらの欠点を充分に理解する事が必須です。 欠点1:1回の負けで利益がすべてなくなる パーレー法では賭け金を2倍にしていき、連勝すればするほど利益が増えていきます。しかし、1度でもゲームに負けてしまうと、それまでの利益がすべて失われ累計損益はマイナスに転じてしまいます。 そのため、パーレー法ではどのタイミングでゲームをやめるのかが大切です。欲張りすぎてゲームをずっと続けていると、それまでに稼いだ利益がすべてなくなってしまいます。パーレー法を活用する時は止め時を逃さないようにしましょう。 欠点2:勝ち負けを繰り返した場合、損失が増える 2倍配当のゲームでは勝率は50%であるため、勝ち負けが交互に続く可能性があります。この場合、累計損益がマイナスになるか0になるかを繰り返すだけで、まったく利益を生み出すことができません。また、2連勝した程度でも大きな利益は出ません。 パーレー法である程度稼ぐには、連勝しなければいけないのです。しかし、2倍配当のゲームでは常に勝ち負けの確率は同じであるため、うまく調子に乗ることができないと長時間プレイしたとしても利益が出ずに終わってしまうこともあります。 パーレー法の使用例 ここでは実際にパーレー法を使用した際に例を紹介します。パーレー法は2倍配当のゲームで活用できるので勝率は常に50%となります。ここではルーレットの赤・黒でパーレー法を使用したと仮定します。 1ゲーム目 このゲームでは最初の賭け金を1ドルと設定します。そして、ルーレットの「赤に」玉が入ると予想します。この結果は「赤」だったため、プレイヤーの勝利となり、2ドルが払い戻されます。すると、累計損益は1ドルとなります。 2ゲーム目 1ゲーム目で勝利したので2回目のゲームでの賭け金は2倍にします。つまり、このゲームでの賭け金は2ドルとなります。そして「赤」に賭けて再度勝利したとします。この時に払戻金は4ドルで、累計損益は3ドルとなります。 3ゲーム目 ここでの賭け金は前回の賭け金2ドルを2倍にした4ドルとなります。このゲームでも勝利をすると、払戻金は8ドルであり、累計損益は7ドルとなります。 4ゲーム目 4ゲーム目の賭け金は4ドルを2倍にした8ドルです。このゲームで「黒」に賭けたとします。そして、結果が「赤」であり、このゲームで初めて負けてしまったとしましょう。すると、賭け金の8ドルは没収となり、累計損益は一気に-1ドルなります。 このようにパーレー法では連勝して利益を増やしていったとしても、1敗でもしてしまうと一気に利益が損失に転じてしまいます。そして、この時の損益は常に最初の賭け金と同じ額と決まっています。 5ゲーム目 4ゲーム目では負けてしまったので、このゲームでは最初の賭け金である1ドルに戻ります。このようにしてパーレー法では勝ち負けに応じて、賭け金を増やしたり最初に戻したりを繰り返します。 パーレー法の注意点 ここではパーレー法の注意点を紹介しますパーレー法には賭け金が急に上がっていくという特徴があります。例えば、最初に5ドルを賭けたとして、9連敗をしたとします。すると、賭け金は以下のように増えていきます。  ゲーム回数 賭け金 勝敗 1回目 5ドル × 2回目 10ドル × 3回目 20ドル × 4回目 […]

モンテカルロ法を今日から使いこなそう!シミュレーション付きガイド

この記事ではカジノを始めたばかりの初心者にもおすすめのシステムベッティング「モンテカルロ法」についてわかりやすく徹底解説。モンテカルロ法を使用する利点や欠点は勿論、損切りポイントなどについても解説していきます。 モンテカルロ法とは? モンテカルロ法はスポーツベッティングやオンラインカジノで利用できるシステムベッテイングの1つです。モンテカルロ法はシステムベッテイングの中でも最も有名であり、1人のギャンブラーがモンテカルロ法を使用して大儲けしたことで、モナコのモンテカルロにあるカジノをつぶしてしまったという逸話もあります。このことからモンテカルロ法と名付けられており、現在も世界中のギャンブラーの間で使用されている人気のベッティング方法です。 モンテカルロ法の利点 モンテカルロ法には「掛け金が緩やかに増える」「リミットを気にしなくていい」「落ち着いてゲームができる」等の利点があります。 利点1:賭け金が緩やかに増えていく モンテカルロ法は、マーチンゲール法やパーレーとは異なり、賭け金が緩やかに増えていきます。時に最初に設定した数列を小さい数字にしてしまえば、数列全体の数字がいきなり大きくなることはありません。それゆえ、連敗してしまった場合でも長くゲームを続けることができます。 モンテカルロ法では大きな資金を必要としないので、資金が少ない初心者の方や、リスクを取りたくないという方にもおすすめです。初めてカジノゲームをプレイするときなどは最初の数列を1から始めるようにするといいでしょう。 利点2:テーブルリミットを気にしなくてもいい テーブルゲームには、1ゲームに賭けられる金額の上限、つまりテーブルリミットが設定されています。システムベッテイングの中でも賭け金が大きくなりやすいもの場合、すぐにこのテーブルリミットに達してしまい、ゲームを継続できなくなってしまうことがよくあります。 しかし、モンテカルロ法では賭け金が緩やかに上昇するため、最初に大きい金額を設定しない限り、テーブルリミットに達してしまうということはほとんどありません。そのため、テーブルリミットに達して損切りをしなければいけないという事態を防ぐことができます。 利点3:落ち着いてゲームができる モンテカルロ法では賭け金が緩やかに上がるため、連敗したとしても損失額が極端に大きくなることはありません。そのため、精神的なプレッシャーが少ない状態でゲームがプレイできます。 カジノゲームでストレスを感じたくない、のんびりとゲームを楽しみたい、と言う方にモンテカルロ法は向いているでしょう。 モンテカルロ法の欠点 モンテカルロ法は人気のシステムベッテイングですが、実際にモンテカルロ法を使用する場合に、どのような欠点があるか把握する事も大切です。モンテカルロ法には「損失を取り戻すのに時間がかかる」「得られる利益が少ない」「2倍配当のゲームで利益が出ない時がある」「紙とペンが必要」等の欠点があります。 欠点1:損失を取り戻すのに時間がかかる モンテカルロ法には、それまでの損失を一度で取り戻すことができないというデメリットがあります。 負けが続いてしまった場合、それらの損益をすべて取り戻すためには連勝しなければいけません。勝ちの回数よりも負けの回数が方が多い場合、最終的に損益が膨らんでしまうのがモンテカルロ法のデメリットとして挙げられるでしょう。 欠点2:得られる利益が少ない モンテカルロ法は、低リスクで損失を回収していくことを目的としたシステムベッテイングです。そのため、例え連勝したとしても、利益を大きく伸ばすことができません。 また、連敗してしまった場合、モンテカルロ法で1サイクルが終了するまで、時間がかかってしまいます。モンテカルロ法では1サイクルが終了した時に利益が出るとされていますが、長時間かけて利益を出したとしても、わずかな金額にしかならないので、大金を稼ぎたいプレイヤーにとっては非常に効率がわるいシステムベッテイングに感じられるでしょう。 欠点3:2倍配当のゲームで利益が出ない時がある モンテカルロ法では1サイクルが終了した時に、ほとんどの場合で利益が出るようになっています。しかし、2倍配当のゲームでは稀に利益が出ずに、サイクルが終了した時に損失を取り戻せない時があります。 せっかく時間をかけてサイクルを終了させたとしても利益が出ないとなると、ゲームをプレイする楽しみがなくなってしまいます。 一方で3倍配当のゲームでは確実に利益ができるようになっているので、確実に利益が欲しい方にはそちらがおすすめです。ただし、3倍配当のゲームでは連敗が続く可能性が高くなるので、1サイクルを終了できないというリスクがあります。 欠点4:紙とペンが必要 モンテカルロ法は数列が増えたり、減ったりを繰り返すので、必ず紙とペンが必要となります。他のシステムベッテイングと比較して仕組みが複雑であり、頭の中で簡単に計算できない点が欠点として挙げられます。 モンテカルロ法の使い方 ここでは具体的にどのようにモンテカルロ法を使用するのかを紹介します。モンテカルロ法を使用するには、まず紙とペンを用意しましょう。 どんなゲームに使える? モンテカルロ法は、ルーレットの赤黒、奇数偶数、バカラ、ブラックジャックなどの2倍配当のゲームと、ルーレットのコラム、ダースベットなどの3倍配当のゲームで利用できます。特に3倍配当のゲームで高い効果を得ることができます。その他、勝率が一定ではないポーカーなどのゲームでは使用できません。 2倍配当のゲームでの使い方 まず、モンテカルロ法では最初に3つの連続した数字を用意します。この3つの数字は資金に合わせて好きなものを選ぶことができます。リスクを抑えたいのであれば小さい数列、利益を生み出したいのであれば大きい数字を設定します。 ここではわかりやすいように数列(1,2,3)を使って解説します。モンテカルロ法では数列の両端の数字を足したものを賭け金として設定します。 そのため、数列が(1,2,3)の場合は、両端の1と3を足した数字である4ドルが賭け金となります。そして、ゲームで負けた場合は賭け金を数列の右側に足します。つまり、数列は(1,2,3,4)と変化します。 一方でゲームで勝った場合は、数列の両端の数字を1つずつ削除します。そのため、数列は(1,2,3)から(2)と変化します。 モンテカルロ法では勝ち負けによって、上記のルールに従って数列に数字を加えたり、削除したりを繰り返します。 数列に数字が1つしか残っていない場合、または数字がなくなった場合、これ以降ゲームを継続できません。つまりこのタイミングがモンテカルロ法の勝ちポイント、利益が出たタイミングとなります。 1サイクルが終了したらまた数列を最初の(1,2,3)に戻してゲームを再開しましょう。 3倍配当のゲームでの使い方 3倍配当のゲームの場合も、基本的なやり方は2倍配当のゲームの場合と同じになります。ただし、勝った際の数列の数字の消し方が異なります。 3倍配当のゲームでモンテカルロ法を使用して、数列が(1,2,3,4,5)となったとしましょう。 この次のゲームでは賭け金は1+5=6ドルとなります。この賭け金の設定方法は2倍配当のゲームと同じです。 そして、このゲームで勝ったとしましょう。この際、2倍配当のゲームでは両端の数字を1つずつ消したのに対し、3倍配当のゲームの場合では、数列の両端の数字を2つずつ消します。 この例では数列が、(1,2,3,4,5)から(3)になります。そして、数列に数字が1つしか残っていないので、ここがモンテカルロ法の勝ちポイントとなります。 3倍配当のゲームでは一気に4つの数字が数列から消されるため、数列の数字が0または1個になるのに時間はかかりません。そのため、連勝すれば、すぐに損益を取り戻すことができるのです。 使い方まとめ 最初は3つの数字からなる数列を設定 賭け金は、数列の両端の数字の合計したもの 負けた場合は賭け金を数列の右に追加する 勝った場合は、数列の数字を削除する 2倍配当のゲーム:両端の数字を1つずつ削除 3倍配当のゲーム:両端の数字を2つずつ削除 数列の数字が1個または0個になったら終了 […]

マーチンゲール法とは? | 利点欠点・パーレー法との組み合わせについて

この記事では多くのプロギャンブラーも活用しているシステムベッティング「マーチンゲール法」についてわかりやすく徹底解説。マーチンゲール法の利点や欠点を筆頭に、パーレー法との組み合わせ等にも触れていきます。 マーチンゲール法とは? マーチンゲール法とは、オンラインカジノで使用できるシステムベッティングの1つです。システムベッティングとは、ギャンブルにおいてどのように賭けを進めていくかの戦略のことを言い、マーチンゲール法は2倍配当のゲームで利用できます。 マーチンゲール法のメリット まずはマーチンゲール法の利点からご紹介します。マーチンゲール法には「ルールがシンプル」「損失が一度に取り戻せる」「負け続ける可能性が低い」等の利点があります。 メリット1. ルールがシンプル マーチンゲール法は負けたら賭け金を2倍にする、というとてもシンプルなシステムベッティングです。そのため、オンラインカジノを始めたばかりのビギナーの方でもすぐに実践で活用できます。 他のシステムベッティングは計算が複雑で紙とペンが必要になるものもあります(ウィナーズ投資法やモンテカルロ法など)。しかし、マーチンゲール法は頭の中ですぐに計算できるので、とても簡単です。 メリット2. 損失が一度の勝利で取り戻せる マーチンゲール法は負けたとしても賭け金を増やしていくため、勝った時の払戻金が大きくなります。そのため、連敗したとしても一度でも勝利できれば、それまでの負け分をすべて取り戻すことができます。 メリット3. 負け続ける可能性が低い マーチンゲール法は2倍配当のゲームで利用します。つまり、勝率は50%ということです。この場合、数学的に考えて、永遠に負け続けるということはありません。2倍配当のゲームをプレイした場合、連敗する可能性は以下のように下がっていきます。 ゲーム回数 連敗の確率 勝率 負けの確率 50% 50% 2連敗する確率 25% 75% 3連敗する確率 12.5% 87.5% 4連敗する確率 6.25% 93.75% 5連敗する確率 3.125% 96.875% 6連敗する確率 1.563% 98.437% 7連敗する確率 0.78% 99.22% 8連敗する確率 0.40% 99.6% 9連敗する確率 0.20% 99.8% 10連敗する確率 0.10% 99.9% つまり、10回目連続でゲームに負ける可能性は、0.10%ということです。実際に10回連続で負ける可能性は極めて低く、ほとんどの場合でその前に勝利できます。 これによりマーチンゲール法で負け続けるということはめったになく、ほぼ必ず利益を出せるといえます。 マーチンゲール法のデメリット 上記の3つの利点だけ見ると完璧な戦略にも思えてきますが、マーチンゲール法には欠点もあります。主な欠点は「利益が含まらない」「ある程度の資金が必要」です。 デメリット1. 利益が膨らまない マーチンゲール法で勝利した際に手元に利益として残るのは最初の賭け金のみです。連勝できればある程度の利益を得ることができますが、負けと勝ちを繰り返している場合、少しずつしか利益を得ることができません。そのため、短時間で稼ぎたいというプレイヤーにはお勧めできません。 […]

グッドマン法とは? | 利点欠点・やり方等を徹底解説

この記事では守りのシステムベッティングとして知られる「グッドマン法」について徹底解説。グッドマン法の利点や欠点は勿論の事、実際にブラックジャックで使用した際の使用例等も紹介していきます。 グッドマン法とは? システムベッティングの中にはいろいろなタイプのものがありますが、その中でも守りの戦略として知られているのがグッドマン法です。グッドマン法は別名1235法とも呼ばれており、ルールがとてもシンプルなのが特徴です。 グッドマン法は勝利時に少しずつ利益を獲得できるシステムベッティングで、長く続ければ続けるほど多くの利益が手に入ります。そのため、長くゲームを楽しみたいという方にもおすすめです。 グッドマン法の利点 グッドマン法には「リスクが低い」「勝ち数と負け数が同じで利益が出る」「初心者でも安心」等のメリットがあります。 利点1:リスクが低い グッドマン法では連敗した場合、賭け金は常に1ドルと固定されます。そのため、負けが続いたとしても損失額が増えることはありません。ほとんどの場合、負けたとしてもそれまでも利益を残すことができるので、戦略的に稼ぐことが可能です。 リスクが低いので、精神的なプレッシャーが少ないのもグッドマン法の特徴として挙げられます。 利点2:勝ち数と負け数が同じの時に利益が出る 2倍配当のゲームでは数学的に勝ち数と負け数が同じになります。そして、そのような場合グッドマン法では利益が出る仕組みとなっています。特に最初に連勝、後半に連敗が続いた時はグッドマン法の勝ちパターンであり、最も利益が出やすくなります。 さらに、最初に連勝すればあとで負けの数の方が多くなったとしても利益を残すことが可能です。 利点3.初心者でも取り組みやすい グッドマン法は賭け金が固定されており、常に1ドル、2ドル、3ドル、5ドルと順番に賭け金を増やしていくだけです。それゆえ、カジノゲームを始めたばかりの初心者でも簡単に始められます。 また、グッドマン法は賭け金が最大5ドルにしかならないため、損失額が大きくなることがありません。資金が少ない、またはリスクを取りたくないという初心者にも向いているでしょう。 グッドマン法の欠点 グッドマン法には「勝ち負けが交互になると損失がでる」「稼ぐのに時間がかかる」等の欠点があります。とは言っても守りの戦略と言うだけあり欠点は少なめです。 欠点1:勝ち負けが交互になった時に損失がでる 2倍配当のゲームでは勝率が50%であるため、勝ち負けが交互に続く時があります。この時グッドマン法では損失額が少しずつ膨らんでしまいます。 勝ち負けが交互に続くような流れの場合はグッドマン法をやめ、マーチンゲール法など他のシステムベッティングに切り替えた方がいいでしょう。 欠点2:稼ぐのに時間がかかる グッドマン法は守りのシステムベッティングであり、賭け金が最高5ドルまでしか上がりません。コツコツを稼がなければいけないため、まとまった利益を獲得するには長くゲームをプレイする必要があります。 グッドマン法のやり方 グッドマン法の別名は1235法です。その名の通りグッドマン法では、勝った時に1ドル→2ドル→3ドル→5ドルと賭け金を増やしていきます。一度5ドルに達したらそれ以降は賭け金を増やさずに、勝ち続ける限り5ドルを賭けます。 そして、ゲームに負けた時は賭け金を最初の1ドルに戻し、同じサイクルを繰り返します。グッドマン法では特に勝ちポイントはないので、任意のタイミングで止めるようにしてください。 グッドマン法には複雑な計算は一切なく、誰でも簡単に実践で使用できます。 どんなゲームに使える? グッドマン法はカジノゲームの中でも2倍配当のゲームで使用します。2倍配当のゲームにはルーレットの赤・黒、奇数・偶数、ハイ・ロー、ブラックジャック、バカラなどがあります。ポーカーやビデオスロットなど、それぞれのゲームで配当が異なるものでは利用できません。 グッドマン法の使用例|ブラックジャック ここではグッドマン法をブラックジャックで使用した例を紹介します。 シミュレーション1:5勝5敗の場合 ここではグッドマン法を使用して、5勝5敗の結果だった時の例を紹介します。 ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 損益 1ゲーム目 $1 × $0 -$1 2ゲーム目 $1 × $0 -$2 3ゲーム目 $1 〇 $2 $0 4ゲーム目 $2 〇 […]