ポーカー|役の強さ・ルール・勝つコツ等を解説【初心者でも分かる!】


ポーカー(Poker)は世界中で幅広い年齢層から愛されるトランプゲームの1つです。ルールがシンプルな一方で奥が深く、心理戦も楽しめる魅力があります。この記事ではポーカーが初めての方でも分かりやすいように、ポーカーのルールや役の強さ、プレイのコツ等についてご紹介していきます。

ポーカーのルール

ポーカーのルール/ゲームの目的を一言で言うと『5枚の手札の組み合わせ(役)をより強くすること』です。参加したプレイヤー同士がゲーム中に揃えた役の強さを競い合うと考えて下さい。

ポーカーで使用する物

ポーカーで使用する物は、トランプのみです。通常の52枚のカード(+ジョーカー)で構成されたトランプで大丈夫です。

プレイヤー数

基本的に2人から約10人までとなります。大人数すぎると、状況を把握するのが難しなる事もあるので、オススメの人数は3人から6人くらいです。

カードの強さ

ポーカーにはカードに強さがあり、基本的に大きい数字の方が強いと見做されます。ただし、Aは一番強いです。また、他の多くのトランプゲームと同じく、ジョーカーは最強のカードで、好きなカードとして使用できます。

ポーカー役の強さ

冒頭でも述べた通り、ポーカーは役(カードの組み合わせ)で勝敗が決まります。そして役が同じ強さの場合は、上記のカードの強さを参考に勝敗を決めます。

ワンペア

ポーカー ワンペア

同じ数字の組み合わせが1組揃っている状態。ワンペア同士で競う場合は数字の強さで勝敗が決まります。数字の強さは以下をご参考に。

ツーペア

ポーカー ツーペア

同じカードが2組揃っている状態。ワンペアとツーペアで競う場合、どんな最強のワンペア(AとA等)よりもツーペアの方が強いです。また、ツーペア同士で競う場合はより高い数字のペアを持っている方が強いです。

スリーカード

ポーカー スリーカード

同じカードが3枚揃っている状態。当然ワンペアよりもツーペアよりも強いと見做されます。

ストレート

ポーカー ストレート

スリーカードよりも更に強いのがストレート。5つの数字が連続している状態をさします。ちなみに一番強いストレートはAから10までの連続になります(A, K, Q, J, 10)。

フラッシュ

ポーカー フラッシュ

同じマーク(ダイヤ/スペード/ハート/クローバー)が5枚揃っている状態をさします。フラッシュ同士で競う場合は相手よりも1枚でも高い数字が含まれている方が強いです。

フルハウス

ポーカー フルハウス

フルハウスはスリーカードとワンペアが揃っている状態。フルハウス同士で競う場合はスリーカードの数字の強さを基準に勝敗が決まり、スリーカードが同じ場合はワンペアの数字の強さで勝敗が決まります。

フォーカード

ポーカー フォーカード

同じカードが4枚揃っている状態。フラッシュやフルハウスよりも出る確率が低く、より強力な役です。

ストレートフラッシュ

ポーカー ストレートフラッシュ

名前通りストレートとフラッシュ、両方当てはまる場合。つまり5つの数字が連続していて、尚且つマークが同じ状態をさします。

ロイヤルストレートフラッシュ

ポーカー ロイヤルストレートフラッシュ

一番最強の役です。ストレートフラッシュが一番強い数字(A, K, Q, J, 10)で発生している状態の事をさします。おそらく一生に出るか出ないか程度の確率になります。

ポーカーの流れ・やり方

ここではポーカーの基本的なやり方、ゲームの流れを説明していきます。ここで全てを理解する必要はありません。まずは全体の流れを把握してみましょう。

ここではチップありでのルールを解説していきますが、チップは使用しなくても大丈夫です。チップの代わりにキャンディーを用意してキャンディー争奪戦なんて言うのもアリです!

ステップ1:手札の配布

まず各プレイヤーは参加チップとしてチップを1枚ずつ場に出します。親(進行役)は各プレイヤーにカードが5枚いきわたるまで配って下さい。

ステップ2:アクションの選択(1週目)

親の左隣のプレイヤーから順番に「ビット」か「パス」か宣言していきます。誰かがビットをした時点でそれ以降のプレイヤーはパスができません。

それ以降のプレイヤーは「コール」「レイズ」「フォールド」のいずれかのアクションを行います。各アクションについては後のセクションで詳しく紹介していきます。

  • コール(前の人と同じ枚数チップを出す)
  • レイズ(前の人よりも多い枚数チップを出す)
  • フォールド(チップを捨ててゲームを降りる)

*誰かがレイズをした後に一周誰もさらにレイズをしなかったら1回目のかけは終わりです。

ステップ3:カードの交換

プレイヤーはより強い手札の組み合わせを作る為、不要なカードを山札のカードと交換できます(ドロー)。

ステップ4:アクションの選択(2週目)

新しい手札を得たところで、ゲームの二週目がスタートします。チップを出すかチェック(パス)の宣言をしていきます。一週目同様、誰か1人がチップをだしたらそれ以降の人はチェックできません。

ステップ2と同じく、アクションの選択をもう一度行います。誰かがレイズをした後に一周誰もさらにレイズをしなかったら終了。手札を公開し他のプレイヤーと役の強さを比べます。一番強い役を持った人が勝ちとなり、場にあるチップを全部獲得します。

ポーカーの歴史

ポーカーはカジノゲームの中でも幅広くプレイされているゲームの1つであり、世界中でトーナメントも開催されています。プロのギャンブラーも多く、カジノゲームの中でも特に知名度が高いものでしょう。しかし、ポーカーがどのように誕生したかは知っていますか?ポーカーの起源に関しては諸説あり明らかなことはわかっていませんが、多くのバリエーションがどのように誕生してきたかはとても興味深いことでしょう。

ポーカーの起源

ポーカーの起源についてはいろいろな説がありますが、その中でもペルシャのアス・ナス(as nas)というゲームというポーカーの原型だという説が有力だとされています。

アス・ナスというカードゲームではA,K,Q.J,10の4種または5種のスーツのカードを各プレイヤーに5枚ずつ配ります。そして、4カード→フルハウス→3カード→2ペア→1ペアの手役順位を競うものであり、ポーカーとルールが非常によく似ているため、ポーカーの原型だと考えられています。そして、このアス・ナスにもすでにブラフがあったとされています。

そして、18世紀後半から19世紀初頭にかけて、フランスでポケ(Poque)と呼ばれるゲームが流行しだします。これが、後にイギリス人のショナサン・グリーンがポーカーと名付け、浸透するようになったと言われています。

そして、ポーカーはアメリカへ伝わると、そこでもさらに発展を続け、1875年頃にはワイルド・ポーカーが、1900年頃にはロー・ボールとスプリット・ポット・ポーカーが生まれました。他の国、特にアジアへは、米軍基地を通じて広まったとされています。これによって日本でも徐々にポーカーがプレイされるようになります。日本では手札を隠す方式でプレイするクローズド・ポーカーが主流となっています。ただし、日本ではカジノがまだ合法化していないので、海外ほどポーカーは浸透して言えないといえます。しかし、カジノ法案が可決されたので、今後ポーカーが日本でも人気を集めるかもしれません。

ポーカーの進化

ポーカーが誕生した時はAとスーツカードのみを使用した今よりもずっとシンプルなゲームでした。しかし、1840年になると2~9のカードが追加され、現在のように1組52枚のカードでプレイされるようになります。そして、1855年になるとドローポーカーの原型が考案され、1860年以降になるとストレートとフラッシュが手役に加えられたといわれています。

さらにその後、南北戦争に従軍する兵士の間で、5カードスタッドのスタイルが定着するようになります。20世紀になるとハイ&ロウポーカーとローボールドローが誕生、1930年代後半には7カードスタッドが誕生するなど、時代と共にポーカーが進化していき、ルールが複雑化していったのです。

そして近年ではオンラインでプレイできるビデオポーカーの他、カリビアンスタッドやレットイットライド多数のポーカーが追加されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

フォローする
最新記事
プロモーション