ブックメーカー記事

ブックメーカーとは何ですか?

簡単に言うと、ブックメーカーとは、スポーツに対する賭けを公に行う会社のことである。 ブックメーカーはサイト上でオッズ(払い戻し倍率)を公表し、結果が出たときに公表されたオッズに応じてプレイヤーに賞金を提示する。 基本的に、ブックメーカーが行う賭けのほとんどはスポーツです。また、ブックメーカーを利用して賭けを行う行為を、スポーツベッティング(sports betting)といいます。 Betting / ベッティングは、カジノ経験者にはお馴染みの、ベットやチップを使った賭けを行う行為です。

ヨーロッパでのブックメーカー人気

日本ではあまり知られていないブックメーカーですが、ヨーロッパでの人気はすさまじいものがあります。 オンラインのブックメーカーはもちろんのこと、街中でブックメーカーの支店をよく見かけます。 また、その認知度の高さから、多くの人が気軽にスポーツベッティングを楽しんでいます。 日本とは違う雰囲気、その熱気はスポーツベッティングから来ているのかもしれませんね。

ブックメーカーの楽しみ方は人それぞれ

ブックメーカーを利用する人には、大きく分けて2つのタイプがあります。 まず、本気でブックメーカーを使ってお金を稼ぎたいと思っている人。 そして、スポーツベッティングそのものを娯楽として楽しみたい人。 このページを読んでいるあなたはどちらのタイプでしょうか? ちなみに、私が担当しているこのページは後者の方です。

  • エンタテインメントの目的

ブックメーカーを娯楽目的で、つまり単純に楽しみたいというタイプの方は、まず以下の質問にお答えください。 一つでもNOの答えがあれば、ブックメーカーの利用は控えることをお勧めします。お金を失うことを受け入れることができますか?責任を持ってギャンブルができますか(自分をコントロールできますか)?両方ともOKであれば、予算を決めてブックメーカーを楽しみましょう。 ここでいう予算とは、負けてもいい最大金額のことです。 その金額を超えてしまった場合は、それ以上賭けるのは控えましょう。 賭けるスポーツをランダムに選ぶのではなく、自分の好きなスポーツを選ぶのが良いでしょう。 当然、知識もあるし、楽しさも倍増しますね

  • 儲ける目的

ブックメーカーを使って生計を立てよう! という人たち。 スポーツベッティングの経験者なら誰でも知っていることですが、これは簡単なことではありません。 ほとんどの人が長期的には負けてしまいます。

しかし、不可能ではありません。 実際にスポーツベッティングだけで生計を立てている人は世界にたくさんいます。また、生計を立てていない人でも、新たな収入源としてスポーツベッティングで稼ぐことは可能です。 トップ5のカジノでどんどんシェアされていくブックメーカーの攻略記事をお見逃しなく!

ブックメーカーの仕組み

  1. ブックメーカーへの登録

まず、お気に入りのブックメーカーを見つけて登録します。 ブックメーカーの中には、スポーツベット専用のブックメーカーもあれば、オンラインカジノ 。 1つのアカウントで両方を楽しみたい方は、オンラインカジノに併設されているタイプのブックメーカーをおすすめします。 本ページ冒頭のおすすめブックメーカーランキングをご参照ください。 また、登録の際には、ノーデポジットボーナス(登録ボーナス)の利用をお忘れなく。

  1. ブックメーカーへの入金

もちろん、スポーツベッティングでお金を賭けるためには、ブックメーカーに入金する必要があります。 各ブランドで取り扱っている入金方法は異なりますが、基本的には以下のような方法があります。 クレジットカード/デビットカード Eウォレット電子財布です。TigerPayiWalletSticPayといったところでしょうか。 また、多くの人が利用しているのが「クレジットカード」です。Visa、JBC、Master Cardがあります。

  1. ターゲットの選択とベット

最後に、ベッティングの対象を選択します。 もちろん、これが最も重要なポイントです。 ブックメーカーでは、サッカー、バスケットボール、野球などのメジャースポーツから、アイスホッケー、卓球など様々なスポーツを取り扱っています。 近年では、Eスポーツもベットの対象として人気を集めています。 賭けの対象を選ぶ際には、メディアへの露出度が高く、インターネットでの情報収集が容易なスポーツを選ぶことをお勧めします。また、ブックメーカーでは、あらゆるスポーツやイベントに対して膨大な数の賭けを行っています。 例えば、単純に勝ち負けを予想するベット、試合の総ゴール数を予想するベット、ハンディキャップ付きのベットなど、スポーツベットには様々な種類があります。

  1. ブックメーカーからの出金

スポーツベッティングで稼いだお金は、ブックメーカーサイトの口座に置いておけば使うことができますが、出金することもできます。 これもサイトによって異なりますが、入金と同様に銀行振込、電子決済サービス、仮想通貨などが選択肢となります。 サイトからの出金には数日かかることもあり、最低金額が設定されている場合もありますので、要チェックです。

賞金はどれくらいもらえるの? 

賞金制度などスポーツベッティングの基本的な考え方は、「賭け金×賭けた時点での倍率=配当金(賞金)」です。 倍率は、対象となるチームや選手の実績をもとに、ブックメーカーが設定します。

ブックメーカーで最も人気のあるスポーツは何ですか?

ここでは、ブックメーカーでの賭けに人気のあるスポーツをご紹介します。 もちろん、人気のあるスポーツは国によって異なりますが、以下のスポーツはどの国でもよく知られています。 知名度が高いほど情報量も多いので、事前のリサーチもしやすくなります。 初心者の方は、以下のスポーツの中から選んでみてはいかがでしょうか。

  • ブックメーカーでのサッカー

サッカーは不動の人気を誇っています。 人気があるからこそ、情報収集もしやすい。 また、ゲームや賭けの種類も多く、バロンドールの優勝予想、選手の移籍先予想、監督の起用予想などに賭けることが可能です。 ヨーロッパでは、バーで友人と一緒にスポーツを賭けながら観戦して盛り上がる光景がよく見られます。

  • ブックメーカーでのバスケットボール

バスケットボール、特にNBAはスポーツベッティングの対象としても人気があります。 サッカーに比べて試合展開が早く、チーム戦のため人数が少ないのも特徴です。 また、NBAはレギュラーシーズン82試合、プレーオフは最大28試合と、他のスポーツに比べてかなり試合数が多いのが特徴です。

  • ブックメーカーでのプロ野球

プロ野球は日本でも人気が高く、特に競技人口が多いのが特徴です。 ホームランの数や死球の有無など、試合中のあらゆるシーンに賭けることができるのも特徴です。 多くのブックメーカーでは、日本の試合にも賭けることができます。

  • ブックメーカーでのテニス

ブックメーカーでテニスに賭けることもできます。 サッカーやバスケットボールに比べると、日本での人気はやや低く、ブックメーカーのゲームのターゲットは基本的に海外のゲームです。 しかし、世界的に見れば、テニスはブックメーカーとしても非常に人気があります。

  • ブックメーカーでのボクシング

ボクシングは、1対1なので他のスポーツよりも予測しやすいという意見が多いです。 大人数のチームスポーツに比べ、選手情報の収集に手間がかからないというメリットがあります。 また、賭け方の幅が広いという点でもおすすめです。

  • ブックメーカーでバレーボール

また、バレーボールは競技人口が多く、世界的にも人気のあるスポーツの一つです。 最近では、バレーボールを題材にしたアニメがヒットし、注目を集めています。 バレーボールは1年中行われているので、いつでもスポーツベッティングを楽しむことができます。

ブックメーカーで稼ぎやすいスポーツは?

ブックメーカーが扱っているスポーツの中で、稼ぎやすいスポーツはありますか?-相対的ではありますが、チームスポーツよりも1対1の個人スポーツのほうが情報は有効です。 例えば、選手のシーズンごとの成績や体調を調べる場合、バスケットボールなどはチーム全体を把握する必要がありますが、テニスなどは個人の情報を集めれば十分です。 また、テニスの試合は基本的にトーナメント方式なので、シード権が存在します。 トーナメントの最初に、実力差のあるシード選手とノンシード選手の対戦がありますから、これが狙い目です。 もちろん、確率は低いですが、アップセットの可能性は低く、勝率は高くなります。

確率はどれくらい?

ブックメーカーを見ると、必ずオッズという言葉が出てきます。 オッズとは、一言で言えば、ブックメーカーが設定した倍率のようなものです。 例えば、チームAのオッズが2.0に設定されているとします。 チームAに1000円を賭けて勝った場合、その2.0倍の2000円が賞金として支払われます。

よく耳にするブックメーカー/スポーツベットとは?

  • ブックメーカーとは、簡単に言えば、政府が公式に指しているベットを公開している会社のことです。 賭けの対象となるのは、ほとんどがスポーツです。
  • このブックメーカーでスポーツの結果を賭けることをスポーツベッティングといいます。 日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパやアメリカではブックメーカーが存在し、人気があります。 街中でブックメーカーをよく見かけますが、サッカーなどのスポーツの試合の日に盛り上がっているのは珍しいですね。
フォローする
最新記事
プロモーション