ギャンブルニュース

日本のギャンブル事情

以下のようなアプローチを紹介します。

  • 日本のオンラインカジノ
  • 日本のギャンブル専門家
  • 日本のギャンブル規制
  • その他

日本のギャンブル事情は、常に曖昧です。日本は、西洋の伝統や娯楽の方法を守ることに敏感だと考えられています。日本には西洋的な意味でのカジノはありません。しかし、現在、日本には約2万の賭博場があり、来場者に「賞品付きの娯楽」を提供しています。

日本の法令は昔も今も非常に厳しいものです。日本で合法化されている、いわゆる「スキル系」のゲームと、現在違法とされている「運系」のゲームの間には、微妙な線が引かれています。

概要

日本で初めてオンラインカジノが誕生したのは1998年のことで、それ以来、オンラインギャンブルは10億ドル規模の産業となり、日本はそのリーダー的存在となっています。当時のオンラインカジノは、現在のオンラインカジノに比べて非常にベーシックなデザインでした。当時はテクノロジーが違っていて、日本のオンラインカジノのページがコンピュータの画面に完全に読み込まれるまでに時間がかかっていたことを忘れてはいけません。幸い、高速インターネットのおかげでこの点は大幅に改善され、複数の機能や特徴を持つ、より芸術的なデザインのゲームの開発が促進されました。

2000年代半ばには、ヨーロッパをはじめとするいくつかの国で、バンダースロットのオンラインプラットフォームが合法化されました。日本がオンラインギャンブル業界で確固たる地位を築いたのは、この時でした。日本のスロットゲーム開発者がすべきことは、すでに整備されたインフラを利用して、自分たちのプラットフォームを海外市場で利用できるようにすることでした。日本語から英語への翻訳がうまくいかないなど、いくつかの問題はあったものの、厳しい品質管理が行われたおかげで、日本の人気オンラインカジノは世界を席巻するようになりました。

「特定複合リゾート施設区域の整備の推進に関する法律」は、現在日本の法律で禁止されているカジノ施設を日本の領土内で認可することを目的としています。日本には巨大なパチンコ産業があるのに、ギャンブルが合法化されていないという論理を理解できない外国人旅行者にとって、日本の法律はよくわからないものとなっています。

日本政府は、2020年1月7日に「カジノ管理委員会」を設置した。日本のIR事業者を監督・管理することを目的とし、内閣の外局として運営されています。委員長は片村道夫氏。カジノ管理委員会は、カジノライセンスの付与、取り消し、事業者や関係者の調査などを行うことができる。

というのも、日本の賭博・ギャンブル関連の法律は、20世紀初頭にさかのぼり、現代の生活に合わないものもあるからです。日本の賭博は、当初、競馬と競輪のみが認められていました。その後、ボートレースとモーターバイクが追加され、4つの「公営競技」が誕生しましたが、これは日本で「法律違反」とされていない唯一のギャンブルです。

法的見解

一般的に、日本では刑法第185条によりギャンブルは禁止されている。(賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けた者は、この限りでない。

現在の日本の法律の中で、ギャンブルに関して最も批判されている部分の一つは、刑法では、あるゲームのすべての局面が偶然や事故によってのみ決定されることを要求していないという事実です。つまり、勝敗の一部がそのように決定されたとしても、そのゲームは賭博に該当し、日本では禁止されているのです。

日本国内で賭博を開くという行為だけでも、日本では犯罪になります。

しかし、特別な法律で合法化されている公営競技は、競馬、競輪、競艇、オートレースの4つです。これらは特別な法律によって認められており、地方自治体や政府系法人によって規制されています。公営競技には宝くじとサッカーくじ(TOTO)も含まれます。

また、プールは日本で禁止されているギャンブル行為のリストからも除外されています。上記のような許可された活動を行うには、ライセンスが必要です。現在までのところ、ライセンスを取得しているのは地方自治体または政府関連団体のみです。

競馬

人気の高い馬術競技で、年間21,000以上の競馬が開催されている。日本では、平地競走、ジャンプ競走、ばんえい競走(輓曳競走)の3種類が行われている。日本の競馬は、日本中央競馬会(JRA)と日本中央競馬会(NAR)によって運営されています。JRAは首都圏にある10の主要競馬場で行われる競馬イベントを担当し、NARは日本全国の様々な地方競馬イベントを担当しています。このような競馬行政の仕組みは、日本独自のものです。

宝くじ

都道府県や大都市が1年を通して定期的に開催するもの。宝くじには大きく分けて、「ユニークナンバーズ宝くじ」「セレクションナンバーズ宝くじ」「スクラッチカード」の3種類があります。1枚の宝くじは100円から500円で販売されており、最高賞金は1億円以上のものが多い。宝くじ法では、宝くじの賞金総額は売上総額の50%以下と定められており、残りは地方自治体や慈善団体に寄付されます。宝くじのチケットは、多くの都市の宝くじ売り場や店舗で販売されており、一部の店舗では特に人気が高い[3]。 特定の番号の宝くじのチケットは、一部のATMでも購入することができる。

パチンコ

ピンボールのようなマシンゲーム。日本の法律では、歴史的、金銭的、文化的な理由から、パチンコは賭博罪の例外とされているため、公式にはギャンブルとはみなされない。パチンコ店は日本全国にあり、民間企業によって運営されています。2011年現在、日本には約12,480軒のパチンコ店があります[4]。2018年、日本は毎年2,000億円をパチンコに費やしています。また、「日本の余暇時間の半分近く」がパチンコ店で過ごされています。

ボートレース(競艇

日本で開催される水上ボートレース。競艇は、日本の4大公営競技のひとつであり、賭け事が認められているスポーツである。1952年4月、長崎県大村市の大村共栄競艇場で第1回レースが開催されたのが始まりです[2]。2010年4月からは、幅広い層への普及と国際的な普及を目的に、「競艇振興会」が「BOAT RACE」と呼称し、「BOAT RACE振興会」に改称された[1]。

オートレース

オートバイレースにギャンブル性を加えたもので、アジア各地のアスファルトコースで開催されています。財団法人JKAが運営している。オートレースは主にギャンブル性の高いスポーツである。1950年に船橋で第1回大会が開催されたが、伝統的なスピードウェイやフラットトラックのダート面は、危険すぎるという理由で1960年代に政府によって禁止された。

ギャンブル合法化に向けての歩み

ここ数年、日本の政治家たちは、日本のギャンブル産業を合法化することの是非を検討してきました。最終的にカジノ法案が成立すれば、資本増強につながると考えられていますが、一方で、過度なギャンブルを助長するという懸念もあります。現在のところ、同国のいわゆるカジノ法案は、2015年4月に実施される予定の国政選挙で投票に付される可能性があるとされています。この法案は、安倍晋三首相と自民党の強力な支持を受けています。このため、カジノ法案のテーマは、2014年のギャンブル業界で最もホットな話題の一つとなっています。

日本のカジノ法案が成立すれば、日本のギャンブル市場は、マカオ、アメリカに次ぐ世界第3位の市場となります。すでに多くの国際的なギャンブル事業者が、日本への投資に関心を示しています。

日本政府は、カジノ法案が承認されれば、日本がより良い経済的安定を得るための助けになると考えています。また、日本で合法化されれば、長年の金融不況から脱却し、日本の成長を確固たるものにすることができます。しかし、日本ではまだギャンブルは違法であり、近々、その将来についての決定がなされる予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

フォローする
最新記事
プロモーション